先日、父がワイヤレスヘッドホンを使い始めました。これは我々の生活が大きく変わるほどの革新的な商品でした。

それはなぜのか、まとめました。
*当記事は広告リンクを含みます。
TwinbirdWirelessEarPhones161006one
 ツインバード工業「ワイヤレス耳元スピーカー AV-J343」

買った理由 

父は若い頃の職場環境の影響で、軽度の難聴です。そしてテレビを見るのが唯一の趣味と言えるほどテレビが大好きです。そのため週末になると 朝から晩まで大音量でテレビがついています。 父以外の3人は大音量のテレビをいつも聞かされている状態でした

そのうえ、 母、兄そして私は音過敏で、音で非常に疲れてしまいます。そのため父は小さい音量のテレビを注意して聴かなければなりませんでした。それは家族全員にとってストレスが大きいものでした。

大抵テレビには字幕をつけて父が見やすいようにしていますが、全ての番組についているわけではないので、完全な解決策とは言えませんでした。

使い方  

TwinbirdWirelessEarPhones161006two
箱の中身です。日本語で書かれた説明書、送信機、ACアダプター、 赤と白のオーディオコード、そしてUSBケーブルが同梱されています 。
TwinbirdWirelessEarPhones161006three
まずはバッテリーを充電します。送信機にUSBケーブルを差し、充電します。満充電まで約3時間。赤いLEDが消灯すれば充電完了です。
TwinbirdWirelessEarPhones161006five
後はイヤホンケーブルをテレビに差せば、設置完了です。簡単ですね。
TwinbirdWirelessEarPhones161006five
電源スイッチを右にスライドさせれば 電源が入り、送信機の緑のランプが点きます。 ヘッドホンの電源はオレンジのボタンを押すだけです。青色のランプが着いたら使えます。
TwinbirdWirelessEarPhones161006six
テレビのスピーカーから音を出したい場合には、付属の赤と白のオーディオコードを使います。
BackOfPanasonicTV161006seven
赤と白のオーディオケーブルをテレビの裏の差し込み口に接続すれば、テレビのスピーカーからも音を楽しむことができます

感想

説明書によると、満充電で約5時間の使用ができるそうです。しかし実際には平均で9時間くらい使えます。これは嬉しい驚きでした。

私も試しに使ってみましたが音が鮮明で、また無線にも関わらず音の遅れもなく、驚きました。

電波の受信状況も良いです。どこまで電波が届くか試しにヘッドホンを装着し、家の中を歩き回ってみたところ、1階でも2階でも、どこにいても音は途切れることなく聞こえてきました。歩いている最中は時々音が切れましたが、気にならない程度で、聞き取りには全く問題はありませんでした。

まとめ 

値段は13,766円(税込)と決して安い買い物ではありませんが、その価値は十分にあると思います。

このヘッドホンを導入してからというもの、とても快適に過ごすことができています。3人はテレビの大音量に悩まされることはなく、父は聞き取りが楽になっためか、テレビを見ることが以前よりずっと楽しそうです。

軽い難聴の人に是非オススメしたいです。

この記事は英語版もあります>>Started Using Wireless Earphones

スポンサーリンク