英検一次試験の合格通知書が手元に届き、二次試験の日程と試験会場が分かるといよいよ面接試験が現実味を帯びてきます。ここから面接対策を始める受験者も多いのではないでしょうか。

今回はそんなあなたに贈る、英検2級二次試験対策に使えるオススメの問題集と本試験までの勉強法をまとめました。
EikenInterviewG2

試験内容

まず英検2級二次試験の試験内容を簡単にご説明します。
試験は入室から退室まで全て英語で行われます。

入室し、着席し、簡単なあいさつが済んだら:
1  面接委員からパッセージ(文章)とイラストが印刷された「問題カード」が手渡されます。
2 「問題カード」に書かれたパッセージを20秒間黙読します。
3 パッセージを音読します。
4 それからパッセージに関する質問1問、イラストの描写を促す質問が1問、最後にパッセージにもイラストにも関係のない質問2問が出題されます。
5 「問題カード」を試験官に返し、退室します。
以上のような流れです。面接官は大抵日本人で、一対一の形式です。
ちなみに、私が受験した時は偶然にも準2級の時と同じ面接官(日本人男性)でした。そんなこともあります。
試験時間は約7分です。

英検公式ウェブサイトにも流れが詳しく載っています。面接試験が初めての方は必ずチェック!
▼英検公式ウェブサイト[外部リンク]
https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_2/detail.html

オススメの対策本

旺文社「10日でできる! 英検2級二次試験・面接完全予想問題」

一番のオススメは旺文社の「10日でできる! 英検2級二次試験・面接完全予想問題」です。
旺文社は各級を通して問題が自然。イラストも実際の「問題カード」に最も近く、本番を想定した練習には最適です。またパッセージのモデル音読を収録したCD付属で、音読のリズムをつかむ練習に使えます。

それから、初めて面接試験を受ける人の強い味方となるのが付属のDVD面接の流れを実際に映像で見られるために、イメージをつかみやすいです

ただ、DVDに出てくる受験者の回答はあくまで模範解答なので、ここまでのレベルで答えられなくても十分合格は可能です。DVDの女の人のように答えられないからといって落ち込まないように!
EikenInterviewG2Ohbunsha
質問No.3と4の解答例は満点合格レベルの「これで完璧」と合格可能レベルである「もう一息」が載っています。合格レベルが分かり、非常に役に立ちます。

成美堂出版の「英検2級二次試験完全予想模試」

もう少し練習したいという方には成美堂出版の「英検2級二次試験完全予想模試」がオススメです。
こちらも模擬問題数が10回分と量がある点が魅力。2015年の改訂版からイラストを一新。パッセージの英文もだいぶ自然になり、本番対策の強い味方となります

2017年6月現在、もっとも発行年が新しい点も魅力

面接形式の解説は一連の流れを示したイラストが2ページある他、各パート毎に詳しい説明が別ページにあるので、必要にして十分。こちらもCD付で、音声を聴きながらパッセージの音読練習が可能です。面接官の質問も収録されているので本番を模した練習が出来ます。
EikenInterviewG2Seibido
質問No.3と4の解答例には立場の違う「賛成の意見」と「反対の意見」が2つずつ載っており、参考になります。

注意点として、イラスト問題の難易度が少々高めです。ストーリーの"オチ"が分かりにくい問題が数問あります。質問も英文の自然さは旺文社に一歩及びません。

植田一三「英検2級面接大特訓」

それでもまだ十分とは思えない!という方には、植田一三 著の「英検2級面接大特訓」が使えます。
こちらは上の2冊とは違い、面接の流れの説明は少なめで、面接に向けた訓練メニューがあります。

ボリュームも相当あります。パッセージの音読練習が50本、Q&A や面接官とのやりとりに使える短文練習が約90本、さらに模擬面接問題が12回分あります。

解答例も総じてレベル高めで、負荷は高いです。

ここまでやれば、自信をもって試験に臨めると思います。

以上の3冊はいずれも非常に質が高いです。パッセージ、イラスト、質問、全て本番の試験に近く、好みや価格で選んでも間違いはないと思います。

旺文社「英検過去問題集」

すでに英検3級や準2級の二次試験を経験している方なら、旺文社の「英検過去問題集」を利用するのも非常に効果的な方法です。
二次試験の試験形式の解説はありませんが、すでに面接の経験があれば特に問題はないと思います。

「問題カード」のイラストは白黒で、ページの大きさに合わせて小さく印刷されています。本試験のカードはカラーで、さらにA4程度の大きさなので、少々勝手が違うかもしれません。

パッセージの音声などを収録したCDは別売りでしたが、2019年度版からダウンロードやアプリで聴けるようになりました。

※今回ご紹介したCDに収録されている面接官の質問は、全体的に早口です。実際の試験ではここまで早口で質問されることはないはずです。

そのため、CDの質問が聞き取れなくても本試験で聞き取れる可能性は十分あるので、恐れずに行きましょう

練習するポイント

練習は上記いずれかの本を使うとよいと思います。その際、闇雲に練習するより、次の点に注意して行うと効果的です。

パッセージの音読

スムーズに読もうとしてとにかく速く読みがちですが、自分で思っている以上にゆっくり丁寧に読むことが大切です。その方が結果的に発音もイントネーションも良くなります。音読に時間制限はありません

またゆっくり読むことで、パッセージの意味をつかみやすくなるので質問 No.1 が答えやすくなります。「どんな内容だろう?」と書かれていることを理解しようと丁寧に読むことがベストです!

注意:パッセージはタイトルから読みます。読み忘れないようにしてください。

※2級レベルになると、パッセージ内に発音の分からない単語表現がいくつか出てくると思います。その場合、つづりから想像して声に出して読んでください。飛ばして読み進めてしまうと、理解できていないことがそれだけでバレてしまいます。つっかえながらでも構わないので、頑張って音読してください

イラスト描写

英検2級二次試験の最大の難関と言ってもいいかもしれません。

まずはイラスト描写前の20秒間をフルに使ってまずは物語の内容を組み立てて下さい。

物語の始まりは「問題カード」に記載された英文をそのまま読みます。答える英文の分量の目安は一コマにつき2文。それから登場人物のセリフ、コマとコマをつなぐ英語の説明も使ってストーリーの流れを明確に。

練習は上記の問題集を使って、繰り返し訓練することです。その際、音読は必須。

練習方法の例:
一回目は準備なしで、物語を描写。解答を見て、自分の良かった点、悪かった点をチェック。それから辞書を調べるなりして、物語の描写を紙に書いて英作文。そしてそれを音読練習(出来れば3回以上)。

二回目はイラストを見ながら、自分で英作文した文章をなるべく見ないで、音読練習。

三回目はイラストを見ながら仕上げに音読練習。

練習する際、自分の音声を録音し、どの程度スムーズに物語が描写出来ているか確認するとより効果的です。自分が英語で話している声を聞くのは最初は恥ずかしいかもしれませんが、慣れる頃にはかなり上達しているはずです。

受験者本人に関する質問

質問No.3と4はパッセージやイラストに関連のない、受験者本人の意見や考えを答える問題です。こちらは普段から練習しておかないと、難しい問題です
一次合格から本試験までの2週間で出来ることは、面接問題集を使って出来る限り問題をたくさん、繰り返し解くことです

準2級との大きな違いは、時事問題に関する受験者本人の意見を求められる点です。

答え方は、例えば"Some people say that climbers should be more careful about keeping mountains clean. What do you think about that?=登山客はもっと山を綺麗に保つよう心がけるべきであるという人がいます。あなたはどう思いますか?"という質問にたいして、まずはその意見に「賛成」か「反対」かはっきりさせます(例: I agree. や I disagree.)。

それについて理由を聞かれるので、1文から2文で答えられれば大丈夫です(例: Because mountains in Japan are clean enough. [余力があれば追加で:So I don't think they should be more careful.等])。必ずしも自分の意見を正確に答えなくてもよいので、英語で上手く表現出来そうな答えを言えばOKです

合格には模範解答のような完璧な答えは必要ありませんよ!

本試験を意識した練習方法

合格には数をこなすことが一番の近道です。
面接の練習は実際に誰かに面接官役をお願いし、自分の英語をチェックしてもらうのが最善の方法です。学生なら学校の先生、塾の先生、あるいは友達にお願いするという手もあります。

そんな人は周りにいないよ!という人にはオンライン英会話を利用して、講師に模擬面接を依頼するのがオススメ!特に日本人英会話講師なら、自身の受験経験から役立つ情報を教えてくれるはずです

以下に私がオススメするオンライン英会話スクール3校をご紹介します。

英検二次試験対策に使えるオンライン英会話スクール

ワールドトーク [外部リンク]
1レッスン260円から受講可能なマンツーマンレッスンサービス。講師のほとんどが英検受験経験者。二次試験対策だけではなく、英語学習法の相談にも乗ってくれます。じつは私が講師登録しているスクールでもあります♪

エイゴックス [外部リンク]
ネイティブ講師が中心のスクールですが、日本人講師も多数在籍。資格試験は日本人から学び、ネイティブと会話練習をするという学習方法も可能。
関連記事レベル別!オンライン英会話【eigox(エイゴックス)】のおすすめ活用法まとめ

マイテューター [外部リンク]
こちらは日本人メインではないですが、資格試験に特化したカリキュラムが自慢のスクール。英検だけでなくTOEIC対策も受付けています。

本試験で大切なこと

重要なのは次の2点
1 質問の聞き取りに集中してください。
2 質問が聞き取れなかった場合は必ず聞き返してください

1回聞き返すだけなら減点にはなりません。質問が理解できず的外れな回答をすると大きな減点になる可能性があります。また黙りこんでしまうと質問が打ち切られる場合もあります。

面接では英語の知識だけでなく、コミュニケーションを取ろうとする姿勢も評価の対象となります。そのため、間違いはあまり気にせず、頭に浮かんだ英語を積極的に口にしてみるようにしましょう

★オススメの聞き返し表現★ 
Pardon?(=なんとおっしゃったのですか?) 
Sorry? (=すみません[聞き取れませんでした])
Could you repeat that? (=もう一度おっしゃって頂けませんか?)
特に"Sorry?"は簡単なうえに意外と丁寧な響きの表現なので、オススメです。ただし、語尾を上げて発音(Sorry?)しないと、ただ謝っているだけにしか聞こえないので注意!

まとめ

英検2級ともなると、自分の意見を述べる問題もあり、レベルが飛躍的に上がります。しかし、その下地は一次試験の英作文などで出来ています。つまり一次試験に合格した人なら、二次試験に受かる力は十分に備わっていると言えます。

そのため、一次試験の合格通知書が届いたら、二次試験本番までとにかく試験形式に慣れる事が合格への近道!

一次に合格したあなたならきっと出来ます。合格を信じて出来る限りたくさん練習をして下さい!

Good luck!! ( ^_^)q

関連記事

英検2級英作文対策について>>【英検2級英作文】合格のための対策とおすすめの問題集!

英検2級一次試験対策まとめ>>英検2級一次試験【語彙・長文・英作文・リスニング】対策におすすめの問題集・勉強法まとめ

▼こちらも読んでみて下さい♪
現役英会話講師がオススメする英検準2級二次試験対策本と本試験までの勉強法!
現役英会話講師がオススメする英検3級二次試験対策本と合格のコツ!


スポンサーリンク