2001年デビューした、イギリス出身のボーカルバンド"Blue"おすすめの16曲をご紹介します!
BlueFavoriteSongs200729
ちなみに曲順は売上順ではなく、私の好きな順で独自にランキングにしました。



簡単にBLUEの紹介

Blue (ブルー)は2000年にイギリスで結成された、4人組ボーカルバンド。2001年にデビュー。

楽器は演奏をせず、メンバーのAntony、Duncan、LeeとSimonの4人全員がリードを歌うスタイル。

2001年発売のデビューアルバムからサードアルバムまで全英1位を獲得。

2005年に活動を休止しましたが、2012年に再結成。再結成後は2枚のアルバムをリリースするなど精力的に活動しています。

R&Bテイストの曲もあり、ロックよりのポップあり、高い歌唱力を存分に活かしたバラードありと、守備範囲も広いです。また、メンバーが作詞の楽曲もあり、等身大の彼らの音楽が聴けます。

4人それぞれの個性の強い、パワフルな歌声が魅力です。

目次にもどる

聞き取り難易度の見方

各曲の下に聞き取り難易度を★5つの評価でつけました。★が多いほど難易度が高いです。語彙の難しさは、英検1級単熟語がたくさん出てくるもの、辞書に載っていないような俗語が多いものが★5つです。

リンキングは二つ以上の単語が繋がって、まるで一つの単語のように発音される現象です。(risk it allがリスキ ロールのようにくっついて発音。)多ければ多いほど聞き取りが難しくなります。

Blueの歌は全体的に発音の癖が強く、ラップ調の部分もあり、聞き取り難易度は全体的に高めです。バラードは比較的容易です。ただそれでも一曲丸ごと聞き取るのは大変なので、初心者はサビの部分だけの聞き取り練習をするなど、分量で調節すると良いと思います。

▼リスニングの練習には聞き取って紙に書く練習法「ディクテーション」もおすすめ。


目次にもどる

#1 Best In Me


・語彙表現★☆☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★☆☆☆☆・総合難易度★☆☆☆☆
「君が僕の一番いいところを引き出してくれる それは他の誰にもできない だから君のことが大好きなんだ」というストレートなラブソング。

この曲の収録されているデビューアルバムには、駆け引きや裏切り、軽い遊びの曲が多い中、この曲は歌詞もメロディも美しい曲です。

聞き取りは当記事で紹介した曲の中で最も簡単です。歌詞の分量も多くないため、ディクテーション初心者にもおすすめ。

全英1位獲得のデビューアルバム「All Rise」からの5枚目のシングル。

目次にもどる

#2 If You Come Back 


・語彙表現★★☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★☆☆☆☆・総合難易度★★☆☆☆
振られた相手のことがずっと忘れられず、自分の元に戻ってきて欲しいという歌詞。歌の内容としてはどこにでもありそうですが、4人の歌唱力とキャッチーなメロディで名曲に。

私はこの曲を聴いてブルーが好きになりました。思い出の曲です。2001年リリースのMVでは、当時最年長のSimon22歳、最年少のLeeは18歳。若いです。

発音も明瞭で、テンポもゆっくりなので聞き取りは比較的容易です。「君が戻ってきてくれたらずっと君のそばにいるよ」と仮定法の勉強にもなります。

デビューアルバム「All Rise」からの3枚目のシングルです(全英1位)。

目次にもどる

#3 Risk It All

*公式MVはありません。
・語彙表現★★☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★★☆☆☆・総合難易度★★☆☆☆
冒険を嫌ってリスクのない道ばかりを歩いてきた人が、「君のためなら全てを賭けてもいい」と大恋愛の一歩を踏み出そうとしている曲です。

作曲者の一人が、ウエストライフの"Flying Without Wings"、ワンダイレクションの"Best Song Ever"やJLSの"Love You More"の制作に関わった Wayne Hector氏なので、ポップな曲調が特徴です。

歌詞が分かりやすい上、発音も明瞭なので、聞き取りは比較的容易です

再結成後初、ベスト盤を含めて通算5枚目のアルバム「Roulette」収録。

目次にもどる

#4 Broken


・語彙表現★☆☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★☆☆☆☆・総合難易度★☆☆☆☆
伝えられなかったこと、言ってしまったこと、取り返しのつかないことをしてしまい、失った恋。後悔に打ちひしがれた姿が痛々しい失恋ソングです。

「もし君に星をつかまえてきてあげたら、以前の関係に戻れるかい?もし太陽を君にあげたら、前のように笑ってくれるかい?」という仮定法のお手本のような歌詞が出てきます。聞き取りと同時に仮定法の勉強になります。

Ifの用法を理解できていれば、推測からでも聞き取りはしやすいです。たとえ聞き取れなくても、仮定法の勉強になるので、挑戦してみることをおすすめします!

ベスト盤を含めた通算5枚目のスタジオアルバム「Roulette」から5枚目のシングル。

目次にもどる

#5 One Love


・語彙表現★★☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★★☆☆☆・総合難易度★★★☆☆
突然の別れ。諦める気はなく、その現実を受け入れる気もなく、自分に必要なのは、"One love = たった一つの愛" であると歌っています。

韻を踏んだ歌詞とリズム、ハモリが耳に心地よく、好きな曲です。

サビの部分の聞き取りは比較的容易ですが、その他は弱調や音の脱落など多いので、少々難しいです

セカンドアルバム「One Love」からのリードシングル(全英3位獲得)。

目次にもどる

#6 Where You Want Me


・語彙表現★★☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★★☆☆☆・総合難易度★★★☆☆
相手といると自分が自分でなくなってしまうような、居心地の悪さを感じながら、でもそこに魅力を感じてしまう。やめたいけどやめらない関係。まるで呪文にかけられたような、人生を狂わす可能性のある人間関係について歌った曲です。

私はこの曲のサウンドが好きです。

ちなみにですが、作曲者に名を連ねるSteve Robson氏は5 Seconds of Summerの "Don't Stop" や Take Thatの "Said It All"、One Directionの "Same Mistake"などを手掛けた人物。作詞にはメンバーのDuncanが関わっています。 

大好きな作曲家のうちの一人です。

テンポはさほど速くないですが、聞き取りは難しいです

全英1位獲得の3枚目のアルバム「Guilty」収録。

目次にもどる

#7 When Summer's Gone


・語彙表現★☆☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★☆☆☆☆・総合難易度★☆☆☆☆
アーティスティックな女性。独りを好み、自信に満ち、自分の求めているものを全て持っている。そんな女性に対し「もし君が僕のことが好きで 僕のことをを必要としてくれるなら 君を抱きしめる人になりたい」というラブソングです。

メンバー全員による作詞。「夏が終わったら 色づく紅葉の下を一緒に歩こう そしてずっと一緒にいよう」という部分が、妙に落ち着いていて、(私の)ブルーのイメージにそぐわない感じですが、好きです。

難しい単語も使われていませんし、テンポもゆっくり聞き取りは最も簡単な部類に入ります

こちらも全英1位獲得の3枚目のアルバム「Guilty」収録。

目次にもどる

#8 I Can


・語彙表現★★☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★★☆☆☆・総合難易度★★★☆☆
2011年の再結成後、初のシングル。そしてヨーロッパ最大の音楽祭"Eurovision Song Contest"にUK代表としてエントリーした曲です。

別れについて歌った曲のようですが、恋愛なのか、それとも束縛から逃れて自由になるということなのか、解釈が色々できそうな歌詞です。

聞き取りは歌詞の分量が少なく、難しい語彙も使われていないため、テンポが速い割に容易です

再結成後初のアルバム「Roulette」からのファーストシングル。

目次にもどる

#9 Fly By II


・語彙表現★★★★☆・発音の癖★★☆☆☆・リンキング★★★☆☆・総合難易度★★★★★
クラブで楽しい夜を過ごし、さらに楽しいことが起こりそうな予感にワクワクしている歌です。Leeの並外れたボーカルの光る、3分23秒からの"After daaaaaaark"(と言っていると思われる)ところが好きです。よく息が続きますよね。

"Fly By II"はデビューアルバム"All Rise"に収録されている"Fly By"のリミックスで歌詞の内容が少々違います。

聞き取りはリンキングや音の脱落、主語の省略があり、非常に難しいです。強いて言えば"Fly By II"の方が簡単かと思いますが、大差はないです。

▼こちらはFly By。聴き比べをどうぞ!

Fly Byはファーストアルバム「All Rise」に収録。Fly By IIはベスト盤「Best of Blue」収録。

目次にもどる

#10 Alive


・語彙表現★☆☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★★☆☆☆・総合難易度★★☆☆☆
生きた心地をさせてくれる相手との関係が終わろうとしている、失恋ソングです。歌詞は切ないですがゆっくりとしたテンポと、メロディーが好きです。

使われている単語には難しいものはなく、聞き取りの難易度は全体的に低めです。ただ難しい箇所が何箇所かあるので、全体の意味をつかんで推測するようにすると、うまくいくかもしれません。

全英1位を獲得したサードアルバム「Guilty」に収録。

目次にもどる

#11 Hurt Lovers


・語彙表現★★☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★★☆☆☆・総合難易度★★☆☆☆
言うべきでないことを言ってしまったり、強くあろうとしても泣いてしまったり、思いがけず関係がこじれてしまい、傷ついた恋人たちへ贈る応援歌です。

「何があったとしても、それで終わりってわけじゃない。戦わないと、主張しないとだめだ」と人生応援歌のようにも聞こえます。商業的にはあまり成功した曲ではないですが、歌詞が大好きです。

使われている言葉がシンプルで、テンポもゆっくりなので、聞き取りは比較的容易です

再結成後初のアルバム「Roulette」からのセカンドシングル。


▲ドイツの映画『Schlussmacher』の主題歌となったため、映画とタイアップしたミュージックビデオもあります。

目次にもどる

#12 All Rise


・語彙表現★★★★☆・発音の癖★★★★☆・リンキング★★★☆☆・総合難易度★★★★☆
"All rise"は裁判長が裁判の開始時に「全員起立」と言う時の決まり文句。

恋愛で相手がした仕打ちを「罪」にたとえて相手を糾弾しています。失恋ソングながら、"Objection overruled = 異議を却下します"や"The jury will decide = 陪審員が評決を行います"といった裁判用語が学べます。

前述の通り裁判用語連発の上、曲の長さの割に歌詞の分量が多いので、聞き取り難易度はかなり高いです

ブルーの記念すべきデビューシングル。全英4位を獲得。豪州では3位、ベルギーで2位、ニュージーランドで1位、とイギリス以外でも大成功を収めました。デビューアルバム「All Rise」からの表題曲。

目次にもどる

#13 Make It Happen


・語彙表現★★☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★★☆☆☆・総合難易度★★★☆☆
いつも電話で話して、家にまで呼ぶほどの仲だけど、なかなか関係が進展しない二人。「口で言うだけじゃなくて 行動で示してよ」と思わせぶりの相手の態度にやきもきする気持ちを歌っています。

この曲はウエストライフの代表曲の一つ "Flying Without Wings" を手掛けた作曲家として知られる Wayne Hector氏が曲の制作に関わっており、キャッチーなメロディ。それにメンバーの力強いボーカルによって最高のポップソングになっています。

テンポが速い上、文章が意味ではなくメロディ合わせて切れている箇所があるので、聞き取りにはそれなりのリスニング力が必要です。洋楽聞き取り練習初心者にはあまりおすすめしません

デビューアルバム「All Rise」収録。

目次にもどる

#14 U Make Me Wanna


・語彙表現★☆☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★★☆☆☆・総合難易度★★☆☆☆
「君には深夜に電話したくなったり 君を抱きしめたまま朝日を迎えたくなる」「魂まで君に捧げたくなる」「僕が1日の初めに考えるのは君のこと 1日の終わりに考えるのも君のこと」と完全に相手の虜。

恋の始まりの楽しい曲です。

発音も明瞭で、テンポもさほど速くないので、全体の意味さえ掴めれば、推測で聞き取れる部分もあると思います。なので難易度としては比較的容易な部類に入ります

相手への恋心を伝える表現たくさんです。ストレートな表現ばかりなので、恥ずかしくて実際に使えるかどうかは分かりませんが、恋愛中の人には参考になると思いますよ。

全英1位を獲得したセカンドアルバム「One Love」からの3枚目のシングル。

目次にもどる

15 Nothing Like You

*シングル曲ながら、公式MVはありません。
・語彙表現★☆☆☆☆・発音の癖★☆☆☆☆・リンキング★☆☆☆☆・総合難易度★★★☆☆
別れた相手のことを忘れようと他の人と付き合ってみても、目に浮かぶのはいつもその相手。強がってみても、もう乗り越えたと自分に言い聞かせてみても、どこにもその相手のような人はいない。

切ない失恋ソングです。歌詞は切ないですが、これぞブルーという感じの優しいハモリが好きです。作詞にはメンバーのSimonとAntonyが関わっています。

難しい語彙は使われていませんし、テンポもゆっくり、しかも発音も明瞭なのに、私はイマイチ聞き取れませんでした。聞き取りは地味に難しいです

再結成後2枚目のアルバム「Colours」からのセカンドシングル。

目次にもどる

#16 Curtain Falls


・語彙表現★★★☆☆・発音の癖★★☆☆☆・リンキング★★★★☆・総合難易度★★★★★
通算4枚目のスタジオアルバムであり、活動休止前発売のベスト盤「Best of Blue」からのシングル。

「僕たちは一緒に世間の冷たさにも立ち向かった 誰にも僕たちが頑張らなかったなんて言わせない」という下りから、彼ら自身の活動を振り返った曲のように聞こえます。

また「僕たちはカーテンが降りる時の準備はできている」とブルーとして表舞台から身を引くことも暗示していたのかと思いますが、果たしてどうなんでしょう。

私としては単にリズムがよく、音として響きが好きな曲です。

リンキングが強く、音の脱落もたくさんあるので、聞き取り難易度は当記事で紹介した曲の中で最強です。聞き取れなくても凹まないでください。

目次にもどる

収録アルバム

▼記念すべきデビューアルバム「All Rise」(2001年)
"Best In Me", "If You Come Back", "Fly By", All Rise", "Make It Happen"

▼連続全英1位を達成。2枚目のスタジオアルバム「One Love」(2002年)
"One Love", "U Make Me Wanna"

▼デビューから3枚連続全英1位を達成。「Guily」(2003年)
"Where You Want Me", When Summer's Gone", "Alive"

▼活動休止前のベスト盤「Best Of Blue」(2004年)
"All Rise", "If You Come Back", Fly By II", "One Love", "U Make Me Wanna", "Curtain Falls"

▼活動再開後初のアルバム「Roulette」(2013年)
昨今の洋楽事情にしては珍しく、ボーナストラック付きの日本盤が発売されています。しかし!日本盤には収録曲が数曲多い代わりに、"I Can"が収録されていません。"I Can"は良い曲で、ファンとしては絶対に手に入れたい曲なので、収録してほしかったです。
"Risk It All", "Broken", "I Can"

▼R&Bテイスト強めで、カバー曲多めのスタジオアルバム「Colours」(2015年)
"Nothing Like You"

目次にもどる

まとめ

キリの良い15曲にまとめたかったのですが、改めて聴いたら大いにハマって、結局16曲になりました。

本当に良い曲ばかりなので、ぜひ楽しんで下さい。

目次にもどる

関連記事

ブルーに一曲でも好きな歌があれば、同じ作曲家が関わっているウエストライフもおすすめです>>【WESTLIFE】おすすめの15曲!リスニング難易度解説付き

同じ理由でJLSもおすすめ>>【JLS(ジェイ・エル・エス)】おすすめの15曲!リスニング難易度解説付き

音楽記事一覧>>こちら

スポンサーリンク