つい先日まで、有料会員としてネイティブキャンプのレッスンを1か月受けました。

この1ヶ月、さまざまな国籍の先生と英会話をして、すごく楽しかったですし、スピーキング力も上がりました!
DSC04444_NativeCampOneMonthFrame
当記事ではこの1ヶ月の間に受けたレッスンがどんな感じだったのかに加え、ネイティブキャンプの素晴らしいところ、少し戸惑ったところなどをまとめます

▼ネイティブキャンプ公式サイト [外部リンク]
https://nativecamp.net/

「今すぐレッスン」が便利!

ネイティブキャンプの一番の特長である、予約不要でいつでもレッスンが受けられるという「今すぐレッスン」が私のライフスタイルに合っています

私は一日の中でも体調の波が大きく、予約したその日・その時間に体調が必ずしも良い訳ではないので、予約制の場合は無理して受けることもよくありました。

しかし、予約なしのレッスンは「体調が良くなってきた」→「受けよう!」という受講の仕方も可能なので、今すぐレッスンのおかげで受けられたレッスンが何コマもあります

ただ、この方式にもデメリットはあります。詳しくは後述します。

質の高いオリジナル教材の種類と量がすごい!

ネイティブキャンプのレッスンは、レッスン毎に必ず一つ、教材を選んで受ける流れになっています(教材を選択しないと受講できない仕組みです)

毎回違う教材を選んでも何か月も、もしかすると何年も受講し続けられるほどの量なので、教材に困ることはまずないです。

「デイリーニュース」に至っては"デイリー"という名の通り、毎日新しい記事が更新されるので、この教材一つを利用するだけでも無限に練習出来ます。

「5分間ディスカッション」が良かった

私がこの1か月、主に利用したのは「5分間ディスカッション」という教材。100個あるトピックの中から一つテーマを選び、講師とその内容についてディスカッションするというもの。

例えば "Food = 食べ物" というテーマを選ぶと、講師から "What is your favorite food?" といった質問をされます。質問の内容を予め見ることは出来ないので、その場その場で臨機応変に質問に答える必要があります。

あえて自分にとってなじみのない話題についてディスカッションすると、表現の幅を広げることが可能です。

「フリートーク」だと自分の好きなジャンルについての話題に終始しがちですし、講師にとってもなじみのない(あまり興味のない)話題だと話を広げにくいので、お互いに話す内容が分かっているものだと盛り上がることも多いです。

講師のレベルも高く、話の腰を折らず、自然に間違いをしてきしてもらえたこともありました

例えば「料理があまり得意でない」と言おうとして、"I'm not really a good cooker. = 私はあまりよい調理器具ではない" と言ってしまったことも、一通り話が終わってからきちんと指摘してもらえました。(正しくは "cook = 料理をする人"です。)

この間違いは恥ずかしかったので、もう二度と間違えないと思います!

「実践発音」にも挑戦

発音のレッスン(上級)では用意された80ワード前後の原稿に出てくる一つ一つの音を確認してから音読。最終的には25秒以内に原稿をスムーズに読めるようになることを目標にして臨みます。

音声は教材に組み込まれ、講師はそれを再生して生徒に聞かせたりオーバーラッピングさせたりする方式。なので、講師の発音のレベルに左右されないのは嬉しいポイント

ただネイティブキャンプには英語を第二言語として習得し、ネイティブのような自然な発音を身に付けた講師が多いです

一度、サーバーエラー(?)なのか、技術的な問題で講師側で教材が開けないことがありました。そのときは原稿を講師にお手本として読んでもらいましたが、十分良い練習になりました。

英語学習者である講師が多いですが、発音レッスンも実践的な練習が可能です。

1か月と無料体験の1週間を通して、19人の講師と22件のレッスンをこなしましたが、英語力・教える力が総じて高い講師ばかりでした

気になった点

エラーでカメラが映らず声が相手に聞こえないことが3回

こちらの声が相手に聞こえず、カメラも映らないということが3回ありました。

その日の1コマ目は何の問題レッスン受講。同じパソコンで、同じブラウザの同じ設定で、2コマ目の「今すぐレッスン」を受けようとしたところ症状が出て、初めてだったのでどうしたらよいか分からず、そのまま退室して終了。

後日、今度はその日の1コマ目に同じ症状が出ました。ただこの時はカナダ人講師との予約レッスンだったので、そのまま退室して終わりにはどうしてもしたくなく、パソコンで入室したまま、スマホアプリで入室し直したら続行できました

3回目(「今すぐレッスン」)に同じ症状が出た時も、スマホアプリを活用してレッスンを受けました。

ただスマホは画面が小さくて見ずらいのと、無線イヤホンが使えないため聞き取りずらく極力使いたくなったのですが、そのままキャンセルするのももったいないのでがんばって受けました。

チャット機能は伝えたので、再接続を試みていることなどは講師に伝えることができたので良かったです

技術的な問題でレッスンが上手くいかないことも、まだまだあるのですね。


▲ちなみに、オンライン英会話でトラブルを伝える英語表現は以前記事にまとめたので、よかったらご覧ください。

予約レッスンのキャンセルが3回

無料体験時にもらったボーナスコインでアメリカ人講師のレッスンを予約したのですが、予約時間になって講師側の都合でのキャンセルがありました。

別のアメリカ人講師でも2回同じことがありました。ただこちらの講師は予約時間になってもオンラインにならなかったので、もしかすると寝ていたのかも(?)

代替講師が見つからなかったため、コインは返還され、お詫びとして100コインもらいましたが、体調を整えて準備していた分、かなり疲れました。

「今すぐレッスン」も一長一短

私のライフスタイルに合っている「今すぐレッスン」ですが、意外と大変な点もあることに気づきました。

それは、人気講師ほどレッスンが取れないことです。やはり継続的にレッスンを受講していると、お気に入りの講師が何人かでき、「今日はこの先生と話したいな」ということがよくあります。

ただ人気講師ともなると、お気に入り登録者が千人を超えることも珍しくないです。

講師がオンラインになった瞬間に取られてしまい、オンラインになった数秒後にはレッスン中を意味する「取り込み中」の赤い丸が点灯することがとても多かったです

私は自己紹介動画を見て、少しでもいいと思った講師をお気に入りに登録しておいて、お気に入り講師を優先的に検索していますが、オンラインの講師は全て「取り込み中」になっていることが多いです

(ちなみにお気に入り講師は36名登録してあります。続けるともっと増えることは確実です。)

そのため、お気に入りの講師のレッスンを取ろうとすると、1時間以上レッスンが取れるのを待つこともありました。1コマのレッスンを受けるのに、待ち時間も合わせて1時間半くらいかかることもあり、その間に体力を消耗してしまうことも

ただ、いつでも必ずオンラインの講師はいます。そのため国籍も年代も選り好みせず、「たった今オンラインの先生のレッスンを取る」と決めてしまえば、レッスンが空くの待つ必要は全くありません。

これは完全に性格やレッスン受講スタイルによります。

マンスリースピーキングテスト9月度

7月の無料体験の際に、AI判定による無料のスピーキングテストを受けたのですが、有料会員になってからも受けてみました。

無料体験の時よりレベルが一つ上がり、Level 8になりました!
NativeCampMonthlySpeakingTest2022-09-08 21.16.09
正直、スコアほどの上達は感じていないのですが、ネイティブキャンプを始める前はスピーキングの習慣が全くなかったことを考えると、やはり英語を話す力はつきましたね。

英語を意識して話す習慣、続けたいです。

▼無料体験の記事


まとめ

1か月有料会員として利用したネイティブキャンプ。

限られた体力で出来る限りレッスンを受けました。他のスクールも活用してみたいので一旦解約しますが、スピーキング力を磨くことが出来ましたし、とっても楽しかったです

「都道府県教材」や「スピーキング」など、まだまだ使ってみたい教材もたくさんあるので、また近いうちに再開しようと思っています。

また講師としてもいろいろ気づいたことがあるので、それはまた別記事に書きたいと思います。

▼ネイティブキャンプ公式サイト [外部リンク]
https://nativecamp.net/

関連記事

ネイティブキャンプ無料体験の様子>>ネイティブキャンプ無料体験を受けました!【良かった点・楽しかった点まとめ】

オンライン英会話レッスンで使えます>>オンライン英会話でネット回線が不調の時に使える表現集【「回線が悪い・映像が止まる」を英語で?】

オンライン英会話レッスンで音の不調に関する表現>>通話トラブル英会話【「声が聞こえません」「音が途切れます」を英語で?】

オンライン英会話記事一覧>>カテゴリ: オンライン英会話と言語交換

スポンサーリンク